カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

モチーフ
高品質・稀少ワイン専門店 グルトンベール

ワイン選びに迷ったら・・・
用途、ご予算、お好みのタイプ、お急ぎの場合、一定期間のお預り等々、
ご不明な点も、どうぞご遠慮なくご相談ください。
お電話でのお問合せ先 : 03-6265-3157

ワインは年間通してクール便で発送致します。お買上げ金額にかかわらずクール代は弊社が全額負担致します。
モチーフ

ワインの保存温度って、白も赤も同じ?

「ワインの保存温度って、白も赤も同じなんですか・・・?」 
これも、お客様との会話で度々耳にするフレーズです。

“サービス温度=実際に飲むときの適温”は、ワインのタイプにより様々ですが、『保存』に関して言えば、発泡、白、ロゼ、赤・・・に限らず全て10〜14℃の範囲が適温です。しかも、出来る限りこの範囲の中の一定温度を保つ必要があります。

ワインは「瓶内熟成」という化学反応を継続的に行っているわけですから、この化学反応が最も効果的に続けられる温度に保つことで、旨味を引き出し、繊細な香味のニュアンスが現れます。

長期間10℃以下に置かれると熟成の進行が止まったり、液中に溶け込んでいた旨味成分が結晶化して分離したりしますし、高めの温度に置かれると、20℃を越えず熱劣化はしなくても、熟成の速度が速くなり、産地や品種、醸造法等の繊細なニュアンスがわかりにくい単調な味わいになってしまいます。

ここで登場した「熱劣化」という言葉、それだけ聞くと40℃ぐらいの高温をイメージしてしまうかもしれませんが、ワインにとってダメージを受ける熱=20℃と思っていただきたいです。
液温が20℃を越えた状態で長時間放置されてしまうと、味も香りもバランスを崩し、もったりと重く飲み辛くなり、どうしてこれが食事のお伴なの???という理解し難い飲み物になってしまいます。

特に夏場、いくら冷房をしても20℃以下の室温を一定に保つことは殆ど無理です。壁や床ににボトルをずらりと並べているお店、結構沢山ありますが・・・ 
美味しくなかっただけならまだ良いのですが、飲んだ翌日辛〜い思いをすることになります。

10〜14℃で保存されていたワインを、実際に飲む時に、美味しく感じる温度に調整してあげれば良いわけです。

発泡や白、ロゼ等は、前日から冷蔵庫に入れたり、時間がない場合は氷水に浸して冷やし、赤ワインは飲む30分程前に抜栓して室温におきます。

一人でも多くの方に、ワインを心から楽しんでいただくためには、一貫して適切な温度管理がなされた健全な酒質のワインを、しっかりと見極められるようになっていただきたいと、切に思います。

まずは当店のワインを試してみてください。
デイリータイプのお安いワインでも、保存状態が良ければ、こんなに香りも華やか、綺麗な喉越しで、スーッと身体に染み渡る澄んだ味わいです。
 ↓
テラス・ド・ギレム ヴァン・ド・ペイ・ド・レロー 2014年シリーズ

ページトップへ